皆さん、こんにちは。学センの田中です。

今回の記事は、
【人事が語る】「いい会社の選び方」「入社後の目標の立て方」就活生からのギモンにまるっとお答え①【対談シリーズ】
の続きです。

今回も採用のプロ、キャリアコンサルティングの方に学生の皆さんの疑問に答えていただきます。

是非参考にしてください。

質問 「就活軸ってどうつくるの?」

皆さんは今どんな就活軸で就職活動を行っていますでしょうか?
会社概要、仕事内容、会社の大きさ、などなど、、、。
軸にすることができる内容はたくさんあります。
どんな考え方で決めていくことができるかを見ていきましょう。

Q;「就活軸ってどうやってつくるの?」

A:「就活軸を作る上で一番重要なのは、理想像を作ることです。
理想像を作ることは、どんなところに行きたいかや、どんな力をつけたいかということよりも、目標を見つけることができる。
社会人としてこういう働き方をしたい、こういう生活をしたいという理想像を見つけて、今の自分との距離を測ることが重要です。
そのプロセスの差を仕事の活動の中で埋めていくという考え方をしていきましょう。

つまり自分の将来の理想像を具体的にイメージしてそれにたどり着くには?という観点で就活軸を作るとよいです。

ちなみに昔は働くうえでのステータスみたいのがありましたよね。いわゆる終身雇用で、いい会社・上場企業に入って、ずっと勤め上げていけば課長になってなど徐々に昇進して、車を買って、マイホームを買ってみたいなことです。
このように昔は理想像というものがほとんどの人の中で共有化されていました。
ですが、現在は個性・多様性の時代なので一概にこれがいいというものは存在しないので、いかに自分の理想を見つけられるかがポイントです。

しっかりとした理想像を掴むためにも様々な人と出会ったり、社会経験を積んでいきロールモデルに出会っていくことで、逆算してどういう職場がいいのかを考えて選んでいくようにしていきましょう。」

まとめ

自分の社会人になってからの理想像を見つけることで就活軸は作ることができます。
そのためにはたくさんの人と出会って、たくさんの価値観を知っていくことが必要です。

特に社会人の方と話す機会をたくさん設けることによってつくっていくことができます。

社会人の方に合うことができる活動として是非皆さんに行っていただきたい活動があります。

それがインタツアーです。
詳細はこちらから↓↓
インタツアー まずは体験してみよう! 動画での説明&登録方法はこちらから | インタツアー【国内最大級の企業インタビュープラットフォーム】
是非ご参加ください。

ちなみにこの記事の元の動画もご覧ください。