就活を行う中で、企業の人事担当者の方と連絡を取る機会はたくさんあるのではないでしょうか。
そこで使用するのは、メールアドレスですよね。

普段使い慣れていると中々見直すこともないと思いますが、
アドレスによって、「この学生はちょっとどうなんだろう?」
と思われてしまうこともあります。

いわば、メールアドレスは、「名刺」代わりとなるのです。

あまり良くない例を交えて紹介していきますので、
是非この機会にアドレスの見直しをしてみてはいかがでしょうか。

就職活動でNGのメールアドレスって?

まずは、NGとされているメールアドレスの種類の紹介です。
一言で言ってしまえば、
ミーハーなアドレスです。

NG① 有名なタレントを思わせるアドレス

keyakilove@○○○.co.jp

NG② 異性の名前のアドレス

男なのに女の子の名前が入っているなどはOUT

NG③ 漫画やゲームなどの遊び感覚でつけているように思えるもの

iamaperfecthuman@○○○.co.jp
iamhunter@○○○.co.jp

このようなメールアドレスは軽い印象を相手に与えてしまうので、
遊び感覚で来ているのかなと人事担当者は感じてしまいます。

自分が好きだからという理由だけで、
このような固有名詞がつくものや、存在を匂わせるようなアドレスは避けるようにしてください。

Goodなメールアドレス

良いとされるメールアドレスの答えは一つです。

自分の名前+誕生日

tanaka_1219@○○○.co.jp

これだけの本当にシンプルかつ、自分のことを確実に伝えることが出来るアドレスが好まれます。

これだと多くの方が同じになってしまう可能性がありますので、

  • 頭に名前のイニシャルを付ける
  • 誕生日の数字を変える
  • アンダーバーをハイフンに変える 「 _ 」⇒「 – 」

などを行うようことで作成するようにしましょう。

また、大学から付与されているメールアドレスを使用してもOKです!

Gmailなどであればすぐに作成することが出来ますので、
必ずプライベートとは分けて就活用のアドレスを作成するようにしましょう。

まとめ

メールアドレスは一番最初に担当者に与える第一印象にもなります。
自分の名前と誕生日、あるいは大学で付与されているアドレスを使用するようにしましょう。

他にも企業によってはSNSなども見ている可能性がありますので、
目につく可能性があるものについては細かく気を配っていきましょう。


ちなみに、この内容をまとめた動画もありますので、是非こちらもご覧ください!

学生就業支援センターは、
日本最大級の企業インタビュー・プラットフォーム「インタツアー」を運営しています。
様々な企業の人事担当者や若手社会人、経営者などに直接インタビューができる新しい就職活動のカタチです。
ご興味ある方はぜひ下記URLからご参加ください
https://intetour.jp/