皆さんこんにちは学センの田中です。

就活生の皆さんの中でもすでに面説を行っている方たくさんいるのではないでしょうか。
そんな面接でついてくるものが、逆質問。
今回はその逆質問の中でも「人事担当者」に聞くべき逆質問のポイントをお伝えします。
是非ご覧ください。

人事担当者と関わるタイミング

人事担当者への逆質問のポイントを伝えていくのですが、
まずは、どんなタイミングでこの若手の社員とかかわるのかということですが、
基本的にはどのフェーズにおいてもかかわることになります。
その中でも説明会~1次面接・2次面接というような面接初期にかけて逆質問を直接する機会が多いのではないでしょうか。
企業によって、さまざまではありますが、
若手の担当者から中堅の社員さんが出てくることが多い傾向にあります。

人事担当者の判断基準は?

人事担当者が皆さんのどんなところを見ているのか、つまり判断基準をどこに置いているかですが、
人事担当者は採用の軸を決めている方々なので、
「求めている人物像(性格)にあっているか、相違がないか」ということになります。

これを念頭において皆さんは質問をしていくことが必要になります。

では、求めている人物像とは何でしょうか?
そもそも求めている人物像とはその企業の中で、活躍している先輩をモデルに作られていることが多いです。

そのため、学生の皆さんが聞くべき内容は、
これまで入社した方で活躍している人はどんな特徴があるのかなどという、いわゆる入社した後の自分の姿を想定した内容にて行うことが必要です。

これにより企業が求めている人物像を確認しましょう。

これを行うことによって、自分の目指すべき姿を知ることが出来ます。

逆質問の中でも、
自分の経験や強みをアピールできるような内容を盛り込んで聞くことが出来ると非常に好印象です。

さらにそれに加えて、「熱い思い」や「やる気」を見せていくことは、人事担当者にとっても非常に嬉しいことです。

『入社後に○○がしたいです』「○○にチャレンジしたいです」というような、入社後をイメージできるよなことを質問と一緒に伝えられるようにしましょう。

具体的な質問例

【質問例】
・御社で活躍している社員さんにはどんな特徴がありますか?
・私は営業はもちろん企画の仕事などにも興味があるのですが、ジョブローテーションはどのようになってますでしょうか?

全企業に当てはまるわけではありません。
その人によって変わってくると思いまし、状況によっても変わってくると思いますので、
是非自分の中で一番いいと思った逆質問を見つけて、これを参考に逆質問を作っていってください。

まとめ

逆質問をうまく行っていくためにはコツや経験も必要です。
普段の生活の中で目上の方や人事担当者に質問をする機会はなかなかないと思います。

そんな皆さんには是非インタツアーに参加していただきたいと思います。

インタツアーは、
企業に学生の皆さんがインタビューをすることが出来る活動です。
たくさんの企業に話を聞く機会がありますので、是非参加し、逆質問力をつけてください。
詳しい内容はこちらから


この記事の元になった動画はこちらです。動画も是非ご覧ください。