就活生のみなさんこんにちは!学センの田中です!
みなさんの面接対策は順調ですか?
内定をゲットするためには、面接で自分をプレゼンして、面接官に自分の魅力をしっかりアピールしなければなりません。
ところで、面接官ってどんなことを考えて面接をしていると思いますか…?
考えていることがわかったらいいのになぁ…なんて思いませんか?
今回は「実は企業側ってこんなこと考えているんだ!」という面接官や採用担当者の本音を紹介します。

面接で見るのはこんなところ

みなさんは、面接は何のためにすると思いますか?

企業が面接で知りたいことは、以下のように様々です。

  • あなたは一体どんな人物なのか
  • あなたを採用したら会社に利益があるか
  • あなたは一緒に働きたい人材であるか
  • 内定辞退やミスマッチの可能性はないか
  • ESや履歴書の内容に差や嘘がないか
  • 社会人に必要なマナーはできているか……等

面接官や採用担当者は、ESや履歴書等の書類だけでは判断できない人柄や志望度、企業の理解度、マナーや熱意等を面接で見ます。

採用活動には多大なコストがかかっているため、企業としては内定辞退や入社後にすぐ退職をされてはコストの無駄が発生してしまいます。

また、入社後に企業に貢献できる優秀な人物かどうかも会社の業績アップにつながる重要な点なので、面接ではしっかりと言動を見られます。

熱意は重要ですが、それだけではアピールになりません。自分が入社後にどんな活躍ができるかを具体的に伝えたり、面接官や採用担当者が想像できたりしなければ空回りになることもあります。

本音その1「こんな学生は悪印象」

ESや履歴書で良いことをたくさん伝えても、面接で悪印象を持たれてしまうと、残念ながらその次のステップには進めません。
どんな学生が悪印象なのか知っておくことはとても重要です!

以下のリストは悪印象を持たれやすい学生の特徴です。当てはまっていたら要注意なので改善しましょう。

  • ESや履歴書等の提出書類に嘘がある(経歴詐称や自己PRの盛り過ぎはNG)
  • 常識がない(面接に遅刻または早く来すぎたり、許可なく社内を歩き回ったりはNG)
  • 身だしなみが就活にふさわしくない(就活では見た目の個性やおしゃれは求められていない場合がほとんどです)
  • マナーが悪い(あいさつがしっかりできなかったり、社内でスマホをいじったりするのはNG)
  • 態度が悪い(不機嫌、姿勢が悪い、貧乏ゆすりはNG)
  • 表情や雰囲気が暗い(無表情や暗い顔、元気や覇気がない、下ばかり見るのはNG)
  • 給与や福利厚生ばかりに興味関心がある(会社に貢献する前から何を言っているのか…と呆れられる可能性があります)
  • 面接官の質問に食い気味で答える(最後まで聞いて、ひと呼吸おいてから答えましょう)
  • 全く質問しない(企業に興味がないのでは?と思われる可能性も…。あらかじめ質問を考えておきましょう)

本音その2「こんな学生を採用したい!」

悪印象を知っただけでは物足りないですよね!?
一番知りたいのは、どんな学生が採用されやすいか?ということだと思います。

以下は面接官や採用担当者から好印象を持たれ、また会いたいと思ってもらいやすい学生の特徴です。

  • 第一印象が良い(第一印象は重要です。第一印象が悪いと覆すのは大変!)
  • 日常会話ができる(事前に用意して覚えた質問の答えを話すのではなく、普通の会話ができる。つまりコミュニケーションがスムーズにとれる)
  • 気遣いができる(書類を渡す向きや待合室の使い方等も見られています!)
  • 表情がある(目は口程に物を言うという言葉があるように、表情もシーンに合わせて使い分けできる方がより印象が深くなります。話の内容に合わせて真剣な表情や明るい表情、時には笑顔も必要です)
  • 裏付けのある熱意がある(ただやる気があるだけの学生は多いものです。しかし、具体的に「自分の●●という能力を■■の業務に生かしたい!」等の具体的で現実的な熱意がある学生は魅力的に映ります)

好感度抜群の第一印象はこれだ!

「面接は3秒で決まる」という言葉を見聞きしたことがありますか?
まさか3秒で…大げさだな(笑)なんて思っていませんか?
実はこれ、本当なんです!

採用担当者は人事として学生や転職者の面接を何度も行って経験を積んでいるのですが、一次面接の面接官は面接のプロでは無い場合がほとんどです。

つまり、普段は営業であったり技術者であったり等、全く別の業務をしている社員が面接官である場合もあります。

このような面接官が学生を判断するポイントは「第一印象」「一緒に働きたい人物であるか」の2つに重点が置かれます。

特に第一印象は重要です。第一印象が良い印象であればその後も良いという評価が続きますが、悪い印象であれば覆すことがかなり難しくなります。

多くの企業で好感度抜群の第一印象をリストアップすると以下のようになります。

  • 身だしなみが整っている
  • 清潔感がある
  • 表情は明るく笑顔である
  • 声に張りがあり、ハキハキと話す
  • 背筋を伸ばして正しい姿勢である

上記を見ると、どれも就活の常識で難しいことでは無いですよね!
しかし、緊張や就活慣れで忘れてしまいがちなことでもあります。

第一印象を磨くために、自分の姿や行動をスマホ等でムービーを録画して確認してみましょう!

まとめ

面接官が採用したいと思う学生の特徴は、以下のようにまとめられます。

  • 身だしなみが整っていて清潔感がある
  • 表情は豊かで明るく笑顔である
  • 声に張りがあり、ハキハキと話す
  • 背筋を伸ばして正しい姿勢である
  • コミュニケーションがスムーズにとれる
  • 気遣いができる
  • 裏付けのある熱意がある

整理してみると、誰もができる当たり前のことばかりだと思いませんか?
きっとあなた自身が『この人と一緒に仕事したいな』だったり、『こういう後輩だったら仕事任せたいな』と思うような人の特徴と一緒ではないでしょうか。
もちろん、個性を殺して、みんなと同じように話せということではありません。あなたらしさや自分の個性も、一緒に働く人にとって「いいなぁ」と思ってもらえるように表現できなければ、自分勝手な個性でしかないのです。

ぜひこういった項目をチェックリストとして確認し、面接に臨んでいきましょう!!

さて、今回の記事では面接官についてお話ししましたが、実際に企業の人と接すると、多くの学生が緊張や不慣れでいつもの自分を出しきれないものです。
企業の人と接する機会が多ければ、コミュニケーションにも慣れるのですが、そういう機会はなかなかありません。

そこで、ぜひ学生就業支援センターの『インタツアー』を活用してほしいと思います。
インタツアーは、企業の採用担当や先輩社員の方にインタビューできるプラットフォームです。採用選考ではないので、企業も学生もフラットな関係でコミュニケーションをとることができます。1回1時間程度で自宅からリモート参加できるので、最近増えてきたWEB選考(オンライン面接)対策にも最適です。
社会人とのコミュニケーションは、何といっても経験多く積むのが一番。ぜひ参加してみてください!

https://intetour.jp/lp/regist

学生就業支援センターは、
日本最大級の企業インタビュー・プラットフォーム「インタツアー」を運営しています。
様々な企業の人事担当者や若手社会人、経営者などに直接インタビューができる新しい就職活動のカタチです。
ご興味ある方はぜひ下記URLからご参加ください
https://intetour.jp/