こんにちは。学生就業支援センターの田中です。

ウェブ面接当日。
気合を入れて準備をして自己PRも完璧にして始まったのにも関わらず、
ブチっと面接が切れてしまったら、どうでしょう?
焦るなんてものではありませんよね。

しっかりと前もって対処法を知っておく必要があります。
それを知っている知らないでは、全く違います。

安心して面接に臨むためにも対処法を知っておきましょう。

オンライン面接で接続が切れてしまった時の対処法

オンライン面接では、自分のパソコンやスマートフォンを使って行うことが一般的だと思います。
自宅で行うことが多い中で、
ネット環境が充分でなかったり、速度制限になっていたりと接続時に状況が悪かったりすると接続が切れてしまうということもあるのではないでしょうか。

では、実際にそうなったときに焦ってしまわないように、
準備するべきことは一つです。
それがこちら

○電話番号を控えること

です。

もちろん、スマートフォンの中に登録をしていたり、パソコンにメモを残していたりする方もいるとは思いますが、
仮にその携帯電話を控えていたデバイスに不備が生じたときに、
見ることができなくなる可能性がありますので、
上記に併せて、メモ帳やスケジュール帳などに控えておくようにしましょう。
そして、接続が切れた時には迷わずに「再接続をお願いいたします。」と担当者に連絡するようにしましょう。

再接続ができたら

担当者に連絡をしたことで、再接続をすることができたら、まずは「お礼」を伝えましょう。

つい、謝りすぎてしまったり、言い訳をしてしまったりする方もいると思いますが、
それはNGです。

再接続をしていただいたことへの感謝を伝えることが重要ですので、
焦る気持ちはわかりますが、まずは落ち着いてお礼を伝えるようにしてください。

接続はあくまでトラブルであり、ミスや失礼をかけたわけではありません。
企業としても、接続が切れてしまったことは心配であり不安です。

面接がこのままできなかったらと思ってくださっているはずですので、
お礼を伝えることが一番印象が良いです。

トラブルがあったからもうだめだ。と思ってしまいがちですが、
どんなトラブルにもスムーズに対応することが出来れば、むしろアピールになりますので、
ひとつのチャンスとして考えて対応してみてください。

まとめ

接続が途切れた際には焦らないことが一番重要です。
電話番号を用意しておくなど、事前に対処の準備をしておくことが、
落ち着いて対応が出来るための要素になりますので、
準備をしっかりして安心して面接に臨みましょう。

ちなみに、この内容をまとめた動画もありますので、是非こちらもご覧ください!


学生就業支援センターは、
日本最大級の企業インタビュー・プラットフォーム「インタツアー」を運営しています。
様々な企業の人事担当者や若手社会人、経営者などに直接インタビューができる新しい就職活動のカタチです。
ご興味ある方はぜひ下記URLからご参加ください
https://intetour.jp/