皆さんこんにちは、学生就業支援センターの田中です。
ウェブ面接を実施している企業が非常に増えてきました。
これから面接を受ける方なら1度は経験をするのではないかと思います。
ウェブ面接も対面の面接とは違った準備が必要です。
いざという時に慌てないように、自分が安心して面接に臨めるようにしましょう。

この記事では、ウェブ面接の事前準備から面接時のポイント、トラブルの対処法を解説します。

ウェブ面接の事前準備のポイント

まずは面接が始まるまでにやらなければいけないことや、準備しておくべきことを見てみましょう。

事前準備の流れ

  1. アカウント設定
    →企業指定のウェブツールを確認する
  2. カメラ、マイク、イヤホン確認
  3. 部屋を片付ける
  4. 身だしなみを整える
    →実施に対面するつもりで
  5. 携帯の通知オフ
    →面接中にならないように
  6. 回線速度の確認
    →画面がカクカクすることのないように
  7. プロフィール画像の設定
    →自分の笑顔の写真などがオススメ
  8. マイク・音声確認
    →事前にテストしましょう

事前準備でやってはいけないNG集

  • スマホを手で持った状態で行う
    →ブレ易いので三脚や何かに立てかけて固定しましょう。
  • うるさい場所
    →自分の部屋か個室のネットカフェがオススメ

お互いに気持ち良くできるようにすることが重要です。
自分がいいからではなく、相手のことを考えたうえで準備しましょう。

ウェブ面接開始時のポイント

完璧に準備を整えたら、面接本番です。
開始直前までには下記を行っておきましょう。

  1. 開始10分前にログイン
  2. 開始直前に企業にメッセージを送付
    →時間が来たら送れるようにしておくと◎
    【メッセージ内容例】
    ○○株式会社
    ●●様
    お世話になっております。
    ○○大学の田中です。
    準備完了しました。
    本日はよろしくお願い致します。
    田中
  3. 企業からの着信でスタート
    →とにかく笑顔で行うこと、しっかりと礼をすることを心がけましょう。
    また、発言を求められた際は必ず「はい」と言ってから答えるのが鉄則です。

ウェブ面接トラブルの対処法

接続をしている中で思わぬトラブルが発生することもあるかと思います。
事前に準備が出来ていないとそのトラブルに対応することが出来ませんので、
トラブルごとに対処法を知って準備をしておきましょう。

トラブル①:繋がらない
トラブル②:途中で途切れる
対処法→焦らず落ち着いて担当者へ連絡しましょう。

【連絡の内容】
お世話になっております。
今面接を受けておりました、
○○大学の田中と申します。
ウェブ面接が切れてしまったので、再接続をお願いしてもよろしいでしょうか。

トラブル③:電波が悪く聞こえづらい
対処法→ひどすぎる場合は一度連絡しましょう

トラブル④:部屋に誰か入ってくる
対処法→自分の家であれば面接中ということを知らせたり、張り紙を貼るなどしましょう。

トラブル⑤:電話がかかってくる
対処法→マナーモードにしておくこと
   →マナーモードを忘れて電話が来てしまったら誠心誠意謝ってください。

まとめ

事前準備は非常に重要です。
自分自身が安心して面接に臨むことが出来るようにするためにも
マナーはしっかりと出来るようにしたうえで取り組みましょう。

オンラインでは伝わりにくいことも多々あるので、丁寧な対応を心がけましょう。


この内容をまとめた動画もありますので、
是非皆さんこちらを見て一緒に練習や、最終確認してみてください。

【ZOOM】オンライン面接・ウェブ面接を受ける前に【リモート面接】