<この記事はこんな人にオススメ>
1. せっかく社会に出て働くなら、成長できる企業で活躍したい
2. 成長できる企業を見極めるためにも、まずは成長できる業界が知りたい
3. 業界ごとの向き不向きや、おすすめポイントが知りたい——–

こんにちは。学生就業支援センターの田中です。
学生さんと話をする中で、よく耳にするキーワードが『成長できる環境で働きたい』というもの。転職やキャリアアップが当たり前の世の中になっていますが、それだけに最初に選ぶ環境が今後のキャリアを大きく左右します。『成長できる環境』に身を置きたいという気持ち、よくわかります。

『成長できる環境』を選ぶには、まずはどの業界を選択肢に入れたらいいか知るところから始めましょう。今回は「新卒入社で成長できる業界」を3つご紹介します!

コンサルティング、シンクタンク業界

…耳慣れない単語。そもそも何をやるのか!?
コンサルティングファームとは、「クライアントの課題を解決する」ことを目的としている企業です。一方、シンクタンクは「社会や経済の調査・分析・研究をおこなう」ことを目的としています。ただ、最近はシンクタンク業者でもコンサルティング面の強化が進んでおり、大手コンサルティングファームと遜色ないサービスを提供できる企業も増えています。そうなるとほぼ違いはなくなってきますが、強いて言えば扱うテーマが多少違っています。コンサルティングファームでは「企業の抱える経営課題」を、シンクタンクでは「大きな社会問題」を相手にしていることが多いです。

<こんな人に向いている!>

  • 論理的思考力を徹底的に鍛えたい
  • 若手のうちから1人で任されるような環境でチャレンジしたい
  • 一切の妥協なく、仕事に打ち込みたい

<このキーワードに引っかかったら要検討!?>

  • 常にアウトプットし続ける
  • どんな問題でも一人で答えを見つけることが求められる
  • 徹底したデータ収集業務と資料作成

インターネット、Web、情報業界

いわゆる「IT企業」が集まる業界。その中身とは?
現在IT業界には多くの業種や職種が絡み合っており、年々技術やサービスが進化するにつれさらに複雑化しています。それでもわかりやすく大きな枠で分類すると「インターネット業界・Web業界」「情報処理サービス業界」「ソフトウェア業界」「ハードウェア業界」 の4つとなります。今注目されているIT業界ですが、その中にある企業も様々です。業界としての特徴はどんなものがあるのでしょうか。

<こんな人に向いている!>

  • 知識、技術のスキルアップを目指したい
  • 様々なマネジメント、プランニングの経験を積みたい
  • 圧倒的なスピードの中で業務をこなしたい

<このキーワードに引っかかったら要検討!?>

  • レベルの高い納品
  • 短期間で量をこなす
  • まず結果を出す

人材、教育、研修サービス業界

「人材業界」が何をやっているのか、あなたはパッと答えられる?
人材業界は主に次の4つサービスを行っています。ある業務を遂行するスタッフをクライアント企業へ一定期間派遣する「人材派遣」。求人案件を持つ企業からの依頼と求職者からのエントリーを受けて企業と個人を結びつける「人材紹介」。求職者と人材募集企業をメディアで結びつける「求人広告」。企業ニーズ別に採用戦略立案を行ったり、クライアント企業自体の課題解決策を提案したりする「人材コンサルティング」。ここでは人材業界の特徴キーワードをご紹介します。

<こんな人に向いている!>

  • 若手のうちからリーダー経験を積みたい
  • コミュニケーションスキルを磨きたい
  • はやく一人前として活躍したい

<このキーワードに引っかかったら要検討!?>

  • すべては自分次第
  • 当事者意識
  • 人に寄り添い信頼を積み上げる

意外とどれも多くの就活生が最初見ていなかった業界かもしれませんね。そうなんです。実際、世の中には本当にたくさんの業界・そして企業があり、それを知らずして(表面イメージだけで)就職は語れないのです!

まとめ

さいごに、今回のおさらいとして3つの業界全てに共通して言えることを振り返っておきましょう。

  • 自分のやる気次第で成長の幅が広がる
  • 若手のうちは圧倒的なスピードと業務量の中でやると成長しやすい
  • まず手を挙げることが大事!

皆さんの新たな発見につながったでしょうか!?
ちなみに、同じ業界内でも様々な社風やビジョンを持つ企業があります。特に「大手企業」と「ベンチャー企業」では、成長スピードだけでなく成長の中身も変わってきます。
業界研究だけでなく、個別の企業研究もしっかりやっていきましょう。

もし、より生きた業界研究・企業研究をしたいのであれば、『インタツアー』を圧倒的におすすめします。学生就業支援センターのインタツアーでは、選考ではなく「会社インタビュー」という形で、ちょっと興味がある会社にどんどん話を聞くことができます。また、インタビューで感じたことを「ビジコミ」を通してアウトプットできるので、自分の感じた内容を蓄積して、『自分に合った環境』がどんなものなのかじっくり考えることができます。
就活をスタートする前から参加できますので、ぜひ社風や環境を知る機会として活用してみてください。

学生就業支援センターは、
企業訪問プラットフォーム「インタツアー」を運営しています。
様々な企業の人事担当者や若手社会人、経営者などに直接インタビューができる新しい就職活動のカタチです。
ご興味ある方はぜひ下記URLからご参加ください
https://intetour.jp/