接客業を中心に幅広い領域を含む サービス業界とは?

サービス業とは一般的には接客をメインで行う仕事をさしますが、「誰かが必要としていることをサービスとして提供して対価をもらう業界」なので、レストランやホテル、コンビニなどの接客業はもちろん、広い意味では人材紹介や教育関連、不動産業界なども含まれます。

飲食・ホテルから医療など専門サービスも サービス業ってそもそもどんな仕事?

サービスは「形があるものを提供(販売)」する場合と「目に見えないものを提供」する場合があります。前者は飲食業のように自社で提供する「もの」を販売し、そこに接客というサービスが付随します。
後者はホテルなどの接客業の他に、医師や看護師の行う医療業務、弁護士や税理士が行う専門的な相談業務、あるいは美容師や理容師などが提供するサービスも「専門サービス」として挙げられます。

「誰かに喜んでもらう事が自分の喜び」 サービス業界に向いているのはどんな人?

サービス業界に向いている、あるいは必須の条件とされるのは「人と接することが好きな人」「誰かに喜んでもらう事が自分の喜びと感じられる人」です。取り扱う商品やサービスが何であれ、お客様に紹介したり何かを提供しサービスする事が仕事なので、「あの人は今、こういうところに困っているのでは?」など思いを巡らせられる人に向いている仕事です。
もちろん「笑顔で応対する」だけではなく、提供するサービスの具体的な理解や相手の悩みを解決する能力など、様々なスキルが求められますので、働き始めた業界や職種に合わせて勉強も必要となります。

接客業だけでない広い分類 様々なサービス業界の仕事

私たちが街中で出会う多くの人が大きくいうと「サービス業」ですが、その中でも色々な分類があります。接客業と混同されやすいですが、「サービス業=接客業」ではなく、接客業はサービス業の一部です。医療や美容院なども広い意味で「サービス業」と言えます。

質の高いサービスを提供する憧れの職場 ホテル

様々なサービス業がある中で、最も質の高いサービスを提供する一つがホテル業です。ホテルには様々な職種があり、宿泊先が最初に接するフロントやレストランのホールスタッフ、入り口にいるベルボーイなど、全てが最高級のサービスを提供するために多くの研修を繰り返していることで知られます。「人と接するのが好き」という人には憧れの職場の一つです。

企画が売り上げに直結する代表的なサービス業 レジャー

私たちの余暇には欠かせない遊園地やプールなどのレジャー施設や、映画館、ボーリング場、カラオケといったアミューズメント施設も、代表的なサービス業です。これらは接客はもちろん「どうやってお客様に喜んでもらうか」「一度来てくれたお客様をどうやってリピーターにするか」「今何が流行っているのか」など、企画の部分が売り上げに直結する業界でもあります。

コロナの影響で大打撃の一方、新たな形態も模索  飲食店

私たちの生活のまわりには、ファミレスやカフェ、高級レストランや居酒屋など様々な飲食店がありますが、全て「飲食を提供するサービス業」と分類されます。日本フードサービス協会によれば、2018年の外食産業市場規模は前年比0.3%増の25兆7,692億円。毎年わずかながらでも成長している巨大産業でしたが、2020年のコロナで大きな打撃を受けた一方、デリバリーの需要は大きく高まりました。就職を希望する方は、今後の会社の事業展開などをよく確認することをお勧めします。

リモート参加もOK!インタツアーは企業から直接お話を聞ける【国内最大級の企業インタビュープラットフォーム】です
飲食チェーンやレジャー系など、多くの企業がインタツアーの機会を設けています。ぜひ参加して生の話を聞いてみましょう!
★この記事に関連するインタツアー募集
【サービス・インフラ】のインタツアー一覧はこちら
https://intetour.jp/category/kg002

また、企業にインタビューした学生の感想【ビジコミ】も必ず就活の参考になるハズ。
インタツアーで生きた業界研究・企業研究をしましょう!
★この記事に関係するビジコミ
【サービス・インフラ】のビジコミ一覧はこちら
https://intetour.jp/visicomi-top?search_keywords=&search_keywords_operator=and&search_cat1=352