『働く』『教える』人に関わる幅広い仕事 人材・教育業界とは?

人材・教育業界はどちらも「学ぶ『人』・働く『人』」と、「人」に関わる業界です。人材業界は「働く」事全てに関わる大変幅広い業界で、人材紹介会社や派遣会社、その他社員を教育する会社などが含まれます。一方教育業界はいわゆる「学校の先生」と呼ばれる仕事と、塾業界が挙げられます。

新しいビジネス『人材業界』・歴史の長い『教育業界』 人材・教育業界はそもそもどんな仕事?

人材サービスは、1960年代に「エグゼクティブサーチ」の会社が日本に上陸したことが始まりです。1986年に「労働者派遣法」が施行され、13の限定した職種で「派遣」という働き方が始まり、その後何度もの派遣法の改訂を経て、その時代の課題を解決する「派遣での働き方」が広がっています。最近では単なる「人材紹介」「人材派遣」だけではなく、人材活用の方法は人事制度の見直し、評価制度の作り方などをコンサルする人材会社も増えています。

一方古くから存在する「教育業界」は大きくは「学校(幼稚園保育園〜大学まで)」と「塾など民間の教育機関」に分けられます。学校関連の多くは専門の資格(教職)が必要となり、高校生の時にはそういった選択をする事が求められます。

コロナで変わる「新しい様式」への対応が求められる 人材・教育業界に向いているのはどんな人?

教育業界に向いている人は大前提に「子供が好き」「人が好き」「人の成長に魅力を感じられる」事が必要です。また、あまり大きな変革が起きない教育業界ですが、2020年にはコロナの広がりにより、小学校から大学まで全ての教育機関が突然「オンラインでの授業」への切り替えを余儀なくされました。
急なオンライン化の普及で様々な利点も見え、今後大きく変革していくことが予想されます。これから教育者になる人には、このような「新しい様式」へ積極的に取り組む事も求められます。

学校以外でも教育の様々な道 教育業界の様々な仕事

「小さな頃から学校の先生になりたかった」「将来の夢は幼稚園の先生」というように、子供たちの憧れでもある教育業界は、今では公的な学校で働く以外にも様々な道があります。多くの職場で国家資格が必要とされるのも、教育業界の特徴です。

教員免許と公務員試験が必須 学校関連

「教育関係の仕事につきたい」といった時に一番最初に浮かぶのが、幼稚園・保育園・小学校・中学校・高等学校・大学といった教育機関ではないでしょうか。学校には私立と公立があり、私立は学校単位のテストで、公立の場合は公務員試験に準じる教員試験に合格する必要があります。また、受験の際に各教員免許は必須となります。

教育に関わりたい人に門戸が広く開かれる 塾関連

「塾」と言っても、中学や高校の日々の学校の補修のための塾から、受験のための予備校、最近では幼稚園受験や小学校受験のための塾など、様々な対象の塾があります。教員と違い国家資格は必要がないため教育に関わりたい人に対しての門戸としては広く開かれていますが、どうしても「平日週末問わず夕方から夜遅くまで」という勤務体制になってしまいます。

社員教育・研修も教育業界の一つ 人材サービス

学校や塾に比べたら比較的新しい業界で「人材サービス」の中にも教育に関連する企業が多くあります。具体的にいうと、「社員教育」「人事評価などをはじめとした、教育や成果基準」などを決めている会社です。日本の大企業はいまだに終身雇用制も根強いため多くの研修や学びの機会が設けられ、こう言った業務も「社員教育」として、教育業界の一つです。

★リモート参加もOK!インタツアーは企業から直接お話を聞ける【国内最大級の企業インタビュープラットフォーム】です★
人材会社や教育ビジネスなど、多くの企業がインタツアーの機会を設けています。ぜひ参加して生の話を聞いてみましょう!
★この記事に関連するインタツアー募集
【サービス・インフラ】のインタツアー一覧はこちら
https://intetour.jp/category/kg002

また、企業にインタビューした学生の感想【ビジコミ】も必ず就活の参考になるハズ。
インタツアーで生きた業界研究・企業研究をしましょう!
★この記事に関係するビジコミ
【人材サービス】のビジコミ一覧はこちら
https://intetour.jp/visicomi-top?search_keywords=&search_keywords_operator=and&search_cat1=377
【教育】のビジコミ一覧はこちら
https://intetour.jp/visicomi-top?search_keywords=&search_keywords_operator=and&search_cat1=387