土地建物の施工から管理販売まで「住む」のすべて 不動産業界とは?

不動産業界とは、私たちが「住む」ための土地や建物に関わる仕事、全てのことをさします。家を建てるためにはまずは土地が必要で、そこの条件に合った設計を作成し、そこから施工が始まり、人が住み始めたら様々な管理が発生します。もちろん一番イメージしやすいのは、「家を売る」「家を貸す」などの業務を行う不動産会社で、このように不動産に関わる範囲は非常に多岐に渡ります。

土地建物の「開発」「流通」「管理」 不動産業界はそもそもどんな仕事?

業務内容が多岐にわたる不動産業界は、大きく以下の3つに分けられます。

  • 開発・・・開発に関わるのは、商業施設、ビル、マンション、リゾート施設などを開発するデベロッパーや実際に建物を建物を建てるゼネコン、設計を手がける設計事務所などです。「総合建設業者」の事を指すゼネコンは、マンションやビル、その他の施設を含めて「建物」を建てる会社の総称です。何百億、あるいはそれ以上の大きなお金を世界中で動かすこともあり、近年では街づくりや開発に関わるケースも多く見られます。
  • 流通・・・一般のユーザーである私たちがイメージする「不動産業界」はこの流通をさすが多いでしょう。新築物件の販売や賃貸物件などを仲介する不動産仲介会社や、販売権を預かり不動産の販売を代理する不動産販売代理会社などです。
  • 管理・・・マンションや新築戸建ては年数が経つにつれ、様々な不具合やメンテナンスが必要になってきます。そういったケアを行うのが「不動産管理」で、特に集団で生活をしているマンションの場合は必須です。具体的には日常のビルの清掃活動や管理人さん業務、耐震補強工事などのメンテナンスなどが挙げられます。

面倒見の良さ+資格も多種多様 不動産業界に向いているのはどんな人?

このように一つの業界の中に、様々な業態や業種が混在しています。町の不動産屋さんは人々の生活に密着するため、面倒見の良さや親しみやすさが求められます。

一方人気の高いゼネコンは、「General(総合的・全体的)Contractor(請負業者)」の略で、様々な土木関係や設計関係の会社などを取りまとめることから、「ゼネコン」と呼ばれるようになりました。そのため、多くの人をまとめる力や行動力が要求されます。設計に関わる部分では建築士など、資格が無いと関われない職種も多くあります。それぞれの特徴や業務内容をよく調べた上で志望することをお勧めします。

都市計画から身近な不動産屋さんまで 様々な不動産業界の仕事

不動産は、都市計画に関わるような「街をつくる」大きなものから、私たちが一人暮らしをするときに頼りにする不動産屋さんまで、様々な形があります。特に不動産会社は景気の影響を受けやすく、私たちの生活にも密着した業界です。

開発も管理も、不動産仲介だけじゃない 不動産会社

不動産会社とは土地と建物に関する事業の総称です。そのため「まだ開発してないエリアの開発」を目的として土地を買ったり建物を立てる「デベロッパー」、建物が建った後に管理を行う「プロパティマネジメント」、そして個人に住居を紹介したり会社にビルなどのテナントを紹介する「不動産仲介業」など、様々な業態があります。一般的にイメージされるのは「不動産仲介業」ですが、これは不動産業界のごく一部となります。

ゼネコン、設計事務所、リフォーム…… 建築

建築の中には家を建てる「ハウスメーカー」や建てるための設計を行う、建築事務所・設計事務所、大きな建物をつくり街づくりにも大きく関わるゼネコンなどがあります。最近では、リフォーム業界やリノベーションの需要も高く、そういったことを専門に行う会社も増えており、建築士など資格が必要な業界・あるいはあると優遇される業界でもあります。

リモート参加もOK!インタツアーは企業から直接お話を聞ける【国内最大級の企業インタビュープラットフォーム】です
デベロッパーやプロパティマネジメントなど、多くの企業がインタツアーの機会を設けています。ぜひ参加して生の話を聞いてみましょう!
★この記事に関連するインタツアー募集
【不動産】のインタツアー一覧はこちら
https://intetour.jp/category/%E4%B8%8D%E5%8B%95%E7%94%A3

また、企業にインタビューした学生の感想【ビジコミ】も必ず就活の参考になるハズ。
インタツアーで生きた業界研究・企業研究をしましょう!
★この記事に関係するビジコミ
【不動産・住宅】のビジコミ一覧はこちら
https://intetour.jp/visicomi-top?search_keywords=&search_keywords_operator=and&search_cat1=502