世界をまたにかける「トレーディング」ビジネス 商社とは?

「世界をまたにかけた活躍」「グローバルなビジネス」というイメージで、非常に大きな人気を誇る商社ですが、「商社って一体何をしているの?」と言われると一瞬考えてしまう学生も多いのではないでしょうか。

商社のビジネスを一言で表すと「トレーディング」です。つまり国内外で魅力的な商品やサービスやビジネスを開拓し、買いたい相手と売りたい相手とを結びつける、つまり取引の仲介をする仕事です。そのためには海外のビジネスや人脈に精通している必要があり、古くから駐在の多い業界として知られます。商社にはあらゆる業界や業種とのネットワークを構築する「総合商社」のほかには、医療・医薬、鉄鋼、食品など特定の分野に絞って取引を手がける「専門商社」があります。

新事業や新商品、様々な価値を創る 商社ってそもそもどんな仕事?

元々の商社の仕事は「まだ日本には知られていない海外の魅力的な商材を、国内の様々な企業に紹介する」事でしたが、インターネットの普及により日本の企業と海外の企業が直接取引ができるようになった現在では、単に海外の既存のサービスを日本に持ってきて販売先を見つけるだけでは収益を得るのが難しくなってきました。そのため、新事業や商材そのものを作り出すこと、販売チャネルの開拓や新たな物流ネットワークづくりを行うこと、または国際協力的なプロジェクトに関わるなど、単なる「トレーディング」だけではない様々な展開が期待されています。

語学力と異文化コミュニケーション! 商社に向いているのはどんな人?

昔から言われている商社マンになるための必須スキルとして挙げられるのは、英語を始めとした語学力です。入社2,3年目から駐在する人も多く、定年するまでに数回の海外駐在をするのが一般的です。そのため語学力はもちろん、異文化や新しい環境にすぐに馴染めるコミュニケーション能力の高さも求められます。

商材の発見からインフラ整備まで 様々な商社の仕事

「英語を使う」「海外に住める」などの理由で昔から非常に人気が高い商社ですが、今までの「日本にはまだない素材や商品を見つけて、それを販売する企業に紹介する」仕事から、最近ではODAや発展途上国の鉄道の整備、インフラ事業など世界中で様々な業務を行なっています。

大型プロジェクトも扱う五大商社 総合商社

就活生に最も人気のある業界の一つである総合商社。総合商社は、限定されないあらゆる商材を扱っており、近年は「インフラ」「エネルギー」などの大型プロジェクトに関わることも多くなっています。5大商社は三菱商事・三井物産・伊藤忠商事・住友商事・丸紅で財閥系が多く、財閥系かそうじゃないか、元々何を扱っていたかなどによって、専門や強みなどが大きく違います。

特化した商材・求められる専門知識 専門商社

総合商社が全ての商材、全てのサービスを扱うのに対し、特定分野の商材に特化していいるのが専門商社です。特化した商材を取り扱うからこそ、深い専門知識やマーケティング力、ネットワークが必要とされます。ネットワークを活かして様々な商品にトレードを行い、その売買マージンが収益の柱となります。

★リモート参加もOK!インタツアーは企業から直接お話を聞ける【国内最大級の企業インタビュープラットフォーム】です★
総合商社も専門商社も、多くの企業がインタツアーの機会を設けています。ぜひ参加して生の話を聞いてみましょう!
★この記事に関連するインタツアー募集
【サービス・インフラ】のインタツアー一覧はこちら
https://intetour.jp/category/kg003

また、企業にインタビューした学生の感想【ビジコミ】も必ず就活の参考になるハズ。
インタツアーで生きた業界研究・企業研究をしましょう!
★この記事に関係するビジコミ
【商社】のビジコミ一覧はこちら
https://intetour.jp/visicomi-top?search_keywords=&search_keywords_operator=and&search_cat1=353